土塁
所在地 埼玉県児玉郡美里町木部
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 木部次郎行兼が居館を構える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 木部と聞いて連想するのは群馬県高崎市の木部郷を本拠地とした木部一族だ。箕輪城の長野氏に仕え、長野氏滅亡後は武田氏に仕えて、武田勝頼が滅ぶまで忠誠を尽くした木部範虎がなかなか好きなのだが、上州木部氏は源範頼の末裔を称しているので猪俣党木部氏とは繋がりがない。
 城館探訪をするとき、どれだけ駅から近いかをとても気にする。木部館は松久駅から歩いて5分ほど。とってもありがたい優良城館だ。しかしながら八高線の本数があまりにも少ないので結局は探訪するには不便な場所だ。
 この日は戦友とともに車で児玉郡の城館を駆け巡った。そのおかげで難なく木部氏の居館を見物することができた。八高線の軌道の南西にあり、今も航空写真で見ると方形居館がありありと浮かび上がる。御多分に漏れず堀は道路となっているために幅が削られて水路になっているが、土塁の一部が残存しているのでそこそこ楽しめると思う。超マイナーな史跡と極小の遺構でも満足できる人ならば。
2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「松久」下車
館跡までは徒歩5分程度