北西隅の土塁と空堀
所在地 埼玉県児玉郡美里町阿那志
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 北条氏の家臣大塚加賀守俊行が阿那志村を知行するが阿那志堀ノ内との関連は不明
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 夕闇迫る中での城館探訪。2月中旬だからかなり日は延びてはいた。オレンジ色に染まる土塁が美しいと思った。実は阿那志堀ノ内についてはまったくその存在を知らなかった。たまたま地図にマーキングをしていたのと戦友が持ち合わせていた資料があったので、せっかく近くまで来たことだし立ち寄りましょうかという流れでやってきた。堀が残るとされているが、どうせ例によって用水路と化した水堀だろうなんて思っていたら、目の前に現れたのは予想を超える城館としての堀だった。こういう逆転ホームランとは言わないまでもサヨナラ犠牲フライぐらいの出来事があるから面白いんだ。
2012/02/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「松久」下車
武蔵観光バス「本庄駅」行きで「阿那志火の見下」下車
館跡までは徒歩5分程度