熊谷寺
所在地 埼玉県熊谷市仲町
遺構 消滅
現状 熊谷寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 熊谷直季が居館を構える
承元元年(1207) 熊谷次郎直実、当地で没す
 
参考 武蔵武士/まつやま書房・埼玉の城址30選/埼玉新聞社
 
 源頼朝をして「日本一の剛の者」と言わしめた熊谷次郎直実の居館跡が今の熊谷寺。一の谷の戦いで平敦盛を討ったときの逸話は広く世に語り継がれている。源平合戦に登場する武将の中では那須与一や畠山重忠らと並んで知名度が高い人だ。
 叩き上げの軍人というタイプで、鎌倉幕府が誕生してからは官僚っぽい人たちと合わず、争論でも負けてばかりいて、とうとう出家して武士を辞めてしまった。不器用でひとつの時代しか生きられない男という感じがする。戦国時代でいうなら福島正則と重なる。
 熊谷寺は今は日曜日の参観が可能になったらしいけど、昔はいつも門が閉ざされていた。ある意味、難攻不落の城館跡だった。遺構もなければ石碑などもないから気にも留めなかったけど。熊谷駅前には直実の銅像がある。駅前だからビルが建ち並び、消費者金融の看板ばかりが写っていけない。今はそんなことないのかもしれないけど、あの頃の直実さんは居心地悪そうな感じだった。
2006/09/02
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
朝日バス「妻沼」行きで「熊谷寺前」下車
館跡までは徒歩5分程度