久下館跡の現況
所在地 埼玉県熊谷市久下
遺構 消滅
現状 河川堤防
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 久下太郎為家が居館を構える
治承4年(1180) 久下直光、源頼朝が挙兵すると伊豆へ駆けつけ旗挙げに参戦する
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社
 
 
東竹院 久下直光墓所 久下冠水橋跡 冠水橋案内板
 
 残暑の中、荒川の堤防上をてくてくと歩いた。この日のテーマは私市党の城館跡。北鴻巣駅で降りて吹上あたりの城跡を訪ねたあとは一路熊谷市へと歩を進めた。猛暑日本一を争う熊谷市だから9月でもえらい暑さだった。久下館に着いた頃はかなり消耗していたはずだ。
 ただただ、暑いだけで遺構も何もない場所ばかり歩くわけだから、だんだん不快に感じてきたけど、市田氏の居館あたりに郷土かるたみたいな立て札があり、市田氏の館跡みたいなことが書かれていてちょっと楽しくなってきた。久下氏の館跡は見てのとおりの河川敷で堀の痕跡などたどることもできないような有り様だったけど、東竹院に寄り道して久下氏の墓を見たり、冠水橋跡の案内板を読んだりして十二分に楽しめた。
2015/09/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
館跡までは徒歩30分程度