市田館跡の現況
所在地 埼玉県熊谷市久下
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 市田太郎保則が居館を構える
戦国時代 市田氏は忍城主成田氏に仕える
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社
 
 残暑厳しい中、私市党の居館跡を訪ね歩く。この暑い日に猛暑で知られる熊谷市くんだりまで出かけて「俺は何をやってるんだ」と自問自答しつつ市田氏の居館跡へと着いた。ちょうど熊谷駅と行田駅の中間にあたる荒川の堤防近くだった。荒川の自然堤防上だから水害のたびに館は甚大な被害を受けていることだろう。それでも市田氏はめげずにここで頑張り戦国時代まで続いている。
 ご覧のとおり宅地と畑があるばかり。遺構の痕跡すら求めるのが難しいのだが、郷土かるたみたいなのがあって、市田氏の館はこのあたりなんだと納得できたのが救いだった。
2015/09/15
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「行田」下車
館跡までは徒歩25分程度