南側の水堀
別 称  
所在地 埼玉県熊谷市上中条
遺 構 土塁・水堀
現 状 常光院
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
訪問日 2013/09/14
 
長承元年(1132) 中条常光が居館を構える
鎌倉時代 中条藤次家長が源頼朝に従う
 
参考 武蔵武士/まつやま書房
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
国際十王交通バス「葛和田」行きで「竹の内」下車
徒歩5分
 
 
南側の水堀 境内の堀跡 境内の土塁
 
 熊谷駅や籠原駅近辺の城館跡はかなり訪ね歩いているが、駅から遠い場所となるとなかなか行けない。路線バスの本数も少ないし歩いて行ける距離でもないのが実情だ。幸いにしてこの日は友人と車での城館探訪となり、おかげで中条氏の居館跡を訪れることができた。
 規模は違うが足利氏の居館跡として知られる鑁阿寺とよく似ている。鎌倉武士の館をイメージするには格好の場所だと思う。中条氏が去った後に成田氏が館を使用したと考えられているので、そのまま鎌倉時代のかたちが残っているとは言えないまでも構えに大差はないだろう。水堀の美しさを存分に味わうことができたが、季節はまだ9月半ばで藪蚊が多くて辟易した。