常光屋敷
 
 
土塁
所在地 埼玉県熊谷市上中条
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代 白根氏が居館を構える
長承元年(1132) 藤原常光が国司として赴任し白根氏の娘を娶り中条氏を名乗る
 
参考 武蔵武士/まつやま書房
 
 中条氏の居館である常光院を訪ねたあとに近かったから寄ってみた。今も土塁が残っているのが遠目にもわかった。民家になっているから近寄るのは遠慮したけど、平安時代から鎌倉時代にかけての館が残っているとしたら奇跡だ。たぶんこういうのは室町時代以降の産物というか、昔からあった館にいろいろ付け足したものが残っているのだろうと思うけど、それでも場所は変わってないわけだから凄いことだと思った。
2013/09/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
秩父鉄道観光バス「妻沼行政センター」行きで「荒宿農村広場」下車
館跡までは徒歩5分程度