東別府館
 
 
西側の虎口と空堀
所在地 埼玉県熊谷市東別府
遺構 郭・土塁・空堀
現状 東別府神社
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
平安時代末期 別府二郎行隆が別府城を築く
天正18年(1590) 別府尾張守長清、成田氏長とともに北条氏に加勢し小田原に籠城し没落する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東別府神社 南側の土塁 西側の土塁と空堀
土塁の上面 北西隅の土塁と空堀 東側の土塁
 
 別府城を訪れたのはずいぶん昔なのでどのような経路をたどったかは覚えていない。たぶん西別府館跡の石碑を見てからここに訪れ、それから東別府館跡の香林寺を訪ねたと思う。画像情報を見れば一発でわかるけど面倒くさい。
 平地の城館にしては奇跡的によく残っている。神社境内となったことが幸いして方形館の面影をとてもよく残している城だ。ちょうど桜が咲き誇る時期だったのに他に誰もいなかった。城と桜を一人静かに満喫することができた当時の自分はさぞ気分が良かったことだろう。
2006/04/07
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「籠原」下車
城跡までは徒歩30分程度