西側の虎口と堀跡
別 称 東別府館
所在地 埼玉県熊谷市東別府
遺 構 郭・土塁・水堀
現 状 東別府神社
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
訪問日 2006/04/07
 
平安時代末期 別府二郎行隆が築く
天正18年(1590) 別府尾張守長清が北条氏に加勢し小田原に立て籠もり敗れる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR高崎線「籠原」下車 徒歩30分
 
 
東別府神社 南側の土塁 西側の土塁と空堀
土塁の上面 北西隅の土塁と空堀 東側の土塁
 
 曇り空の春の日に別府城を訪れた。風もなく暖かい一日で桜が綺麗だった。昔のことなので別府城に来るまでの経路は覚えていない。籠原駅から歩いたことは覚えているが、どの城館をどういう順序で訪ね歩いたのかはもう記憶にない。
 別府氏は戦国時代に忍城を居城とした成田氏と同族だが、その出自は今ひとつ明らかではない。横山党とする説があるが、八王子市を地盤としていた横山党の一族が遠く離れた北武蔵に移住したとはどうにも考えにくい。藤原氏の末と考えるのが妥当ではないだろうか。最後は同族の成田氏とともに北条氏に味方しているが、大名として存続した成田氏に対して別府氏は没落した。
 平地に築かれた城としては驚くほどよく残っている。城というよりは方形居館であるが、東別府神社の周りにも副郭が存在していたと思わせる地割が残されている。神社の境内になったことが幸いし、破壊された部分も少なくて見応えがあった。土塁に植えられた桜が咲き誇っていたが、平日の昼間に訪れたので自分の他には誰もいなかった。おかげで城跡と桜をひとり静かに味わうことができた。