館跡碑
所在地 埼玉県熊谷市西別府
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑
史跡指定  
 
平安時代末期 別府次郎行助が居館を構える
正平9年/文和3年(1354) 別府甲斐守頼重が没し西別府館は廃される
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
別府一族墓所    
 
 別府氏の城館跡めぐりの端緒に訪れたのは西別府館跡だった。日本城郭大系に館跡の図面が収録されていて、それを見ると土塁が残っているとされていたが、さすがに昭和50年代当時の風景は残っておらず、土塁は既に失われていた。ただ、立派な石碑が建っている。桜を借景に館跡の石碑を撮影して別府一族の墓がある安楽寺に訪れた。遺構はなくとも気分は上々だった。
2006/04/07
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「籠原」下車
館跡までは徒歩20分程度