石碑
別 称  
所在地 埼玉県熊谷市西別府
遺 構 消滅
現 状 宅地・農地
目標物 石碑
史跡指定  
訪問日 2006/04/07
 
平安時代末期 別府次郎行助が居館を構える
正平9年/文和3年(1354) 別府甲斐守頼重が没し西別府館は廃される
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
JR高崎線「籠原」下車 徒歩20分
 
 
別府頼重の石塔婆    
 
 籠原駅から徒歩で別府氏の城館跡を訪ね歩いた。最初に訪れたのが西別府館だったと思う。日本城郭大系には館跡の図面が収録されており、土塁が残る場所が図示されているが、実際に訪れてみると昭和50年代の風景はまったく残っておらず、土塁もほとんど失われているようだった。小ぶりながらも美しい桜の樹を背景に館跡の石碑を撮影し、別府頼重の石塔婆がある安楽寺へと立ち寄った。