野原館・文殊館
 
 
北側の土塁と空堀
所在地 埼玉県熊谷市野原
遺構 土塁・空堀
現状 文殊寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 増田四郎重富が居館を構える
長享元年(1487) 重富、増田館で没する
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
西側の土塁と空堀 北側の空堀 北側の空堀と土橋
 
 文殊寺の増田館跡は二度訪れている。いずれも森林公園で自転車を借りてペダルを漕ぎまくってやってきた。埼玉県の城館跡を調べていると増田四郎重富の名前に行き当たる。古河公方足利氏の家臣で深谷市を拠点としていた武将ということぐらいしかわからない。ただ、この人はあちこちに城館を築いている。深谷市と熊谷市に居館跡があり、小川町の高見城も重富の居城と伝わる。編年的には深谷の増田館からこの熊谷市野原の増田館を経て、山内上杉氏に対抗するために比企郡小川町の高見城を築城したという流れになるのではないかな。
 太田道灌の影に隠れているが、なかなかの築城の名手だったのではと思わざるを得ない。そのわりには事跡があまり伝わらない人物だ。いぶし銀というか阪神タイガースで言うなら往年の藤田平や佐野仙好みたいなタイプで新庄や今岡にはなれなかったようだ。
 少し真面目に考察してみよう。一土豪に過ぎない増田氏の居館としてはあまりにも広大な規模だ。これより北には村岡宿がある。平安の昔から大軍の兵站地として利用されてきた場所だ。そして近くを通る鎌倉街道。この広々とした空間は多数の人馬の駐留に都合が良さそうだ。重富の居館は文殊寺を囲む方形館だったのだろうが、それを拡張して利用したのが誰かと言われたらやっぱり北条氏ではないかな、と結んでおきます。
2002/11/15・2013/09/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
国際十王バス「森林公園駅」行きで「文殊様」下車
文殊寺までは徒歩1分程度