平山家住宅
 
 
江戸時代の家屋
所在地 埼玉県熊谷市樋春
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定 国指定重要文化財
 
戦国時代末期 深谷上杉氏の家臣平山豊後守が居館を構える
天正18年(1590) 北条氏滅亡。平山氏はこの地に土着し近世は名主階級となる
 
参考 平山家住宅パンフレット
 
 
平山館跡 土塁 構え堀
 
 武蔵七党の西党は東京都西部で繁栄した一族。その中でも著名なのが源頼朝に仕えた平山武者所季重だ。子孫は戦国時代まで続いて檜原城主となっているが、その一族の中には深谷上杉氏に仕えた者もいた。どういう経緯で深谷上杉氏に仕えたのかはわからない。
 近くまで来ると道標があるから迷わずに行けた。こんもりとした屋敷森があり江戸時代の藁葺屋根の家屋があった。名主役を務めていた時代の家屋だから農家の屋敷そのまんまだった。中にも入ることができるしパンフレットもあって親切だ。これが無料で見学できるというのはなかなかお得ではないかと思う。地主さんに感謝しなくてはならない。家屋よりも周囲に残る構え堀と土塁に目が向いてしまう。このあたりはやっぱり戦国時代から続く屋敷なのだなぁと感じてしまうわけです。
2013/09/26
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「ひろせ野鳥の森」下車
館跡までは徒歩20分程度