高木館
 
 
高城城跡
所在地 埼玉県熊谷市永井太田
遺構 水堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 太田六郎宗成が築く
南北朝時代 高木氏の居城となる
 
参考 埼玉中世の城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 戦友と熊谷市の城館を訪れた。平成の大合併で熊谷市は大里村、江南町、妻沼町を呑み込み巨大化した。当然、城館数もそれだけ増えたわけだが、大部分が平地であり、農地化が進んでいることもあって大半の城館跡は失われている。
 阿弥陀寺の東に高城城という城があるという。それなら立ち寄ってみようということになったのだが、水堀が用水路として残る程度であり、遺構については判別できるようなレベルではなかった。
2013/09/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
熊谷市バス「妻沼行政センター」行きで「永井太田」下車
城跡までは徒歩10分程度