東城跡付近の現況
所在地 埼玉県熊谷市上須戸
遺構 土塁・空堀
現状 八幡大神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 成田助高が築く
文明10年(1478) 鉢形城を追われた長尾景春が長井氏を頼り東城へ入る
 
参考 続埼玉の城址めぐり/幹書房
 
 昔の妻沼町にあった城。鉄道路線がないために行くのは車でないと不可能な場所だ。このあたりは平安の昔、長井ノ別当斎藤実盛が本拠地としていた場所で実盛関係の城館が多い。東城は成田氏が築いたという言い伝えがあるが、室町時代は長井氏がいたらしい。
 すぐ近くにある西城は遺構はないものの立派な石碑が建っている。一方、東城は遺構が残るとされるけど石碑などはない。その遺構も心もとないというか、パッと見てよくわからない。西城神社付近のあぜ道が土塁とのことだが、これはただのあぜ道だよなぁという感想しか持てなかった。
2013/09/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
熊谷市バス「妻沼行政センター」行きで「日向団地入口」下車
城跡までは徒歩5分程度