主郭跡
所在地 埼玉県熊谷市弥藤吾
遺構 消滅
現状 工場
目標物 標柱
史跡指定  
 
鎌倉時代 宮道国平が居館を構える
  国平、斎藤実盛の孫にあたる弥藤吾実幹を養子に迎え斎藤氏を存続させる
 
参考 実盛公遺跡探訪遊歩道/熊谷市教育委員会・武蔵武士/まつやま書房
 
 妻沼は斎藤実盛一色の町だ。小冊子やパンフレットなどが充実している。実盛の居館跡は実際のところわかっておらず、戦前から居館跡とされた場所についても史跡指定を解除されたりしている。大きな工場の西にぽつんと標柱があり、ここが実盛の孫が居館とした弥藤吾館だということを知った。
2012/07/31
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
朝日バス「妻沼」行きで「道の駅めぬま」下車
館跡までは徒歩10分程度