館跡碑
所在地 埼玉県熊谷市西野
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 斎藤実盛が居館を構える
寿永2年(1183) 実盛、加賀国篠原の戦いで木曾義仲の軍勢に討たれる
 
参考 実盛公遺跡探訪遊歩道/熊谷市教育委員会・武蔵武士/まつやま書房
 
 戦友と熊谷市の城館を訪ねた。この日のテーマは旧妻沼町の城と館。そうなると必然的に長井ノ別当実盛の史跡が中心となった。悲劇的な最期を遂げた人だ。有り得ないような運命の巡り合わせを感じさせる。
 幼い木曾義仲を匿い信濃への逃亡を助けたのが斎藤実盛。後に平家打倒の挙兵をした義仲が首実検をしているときに、敵の兜首の中にあったのも斎藤実盛。義仲は首に取りすがり泣いたという。当然だろう。自分の命の恩人なのだから。
 老境にあった実盛は髪を黒々と染めて戦場へ赴いた。首を洗ったときに毛染めが落ちて白髪とわかり、その首が実盛であると判明した。最後の戦いに臨む実盛の気持ちが伝わる逸話だ。
 平氏の若い大将が源氏との戦いの前に坂東武者の実盛に「坂東武者は強いと聞くが」と尋ねたら、実盛は「東国には私ぐらいの武士はいくらでもいます。坂東武者は親が討たれようが子が死のうがその屍を乗り越えて戦います」と答えた。これで戦う前から平氏の公達は怖気づいてしまったという逸話もある。坂東武者の精強ぶりを伝えるこの話も関東人の自分は大好きだ。
 肝心の居館跡は何も残っていなかった。福川沿いの土手を歩くと実盛塚と呼ばれる場所がある。ここに館跡の石碑と案内板が建っている。古くから斎藤実盛の居館跡と伝えられてきた場所で戦前は埼玉県の史跡に指定されていたが、今では史跡指定を解除されて伝承地のひとつに格下げされている。
2012/07/31
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線・高崎線・秩父鉄道「熊谷」下車
朝日バス「妻沼」行きで「井殿橋」下車
館跡までは徒歩10分程度