木瓜城
 
 
掃部郭跡の土塁
所在地 埼玉県深谷市仲町
遺構 土塁・水堀
現状 深谷城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
康正2年(1456) 上杉房憲が深谷城を築き深谷上杉氏の居城とする
元亀4年(1572) 上杉氏盛、北条氏に服属する
天正元年(1573) 上杉謙信が深谷城を攻め城下を焼き払う
天正18年(1590) 前田利家が深谷城を囲み、城将秋元長朝は開城し降伏する
北条氏滅亡後、松平康直が1万石で深谷城主となる
慶長15年(1610) 松平忠重が8千石で入封
元和8年(1622) 酒井忠勝が1万石で入封
寛永3年(1626) 酒井忠勝が忍城へ移封となり深谷城は廃城となる
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
二の丸跡の石碑 東曲輪跡 東曲輪跡の水堀
掃部郭跡の土塁 西曲輪跡の土塁 上杉憲賢と高泰姫の墓碑
 
 埼玉県内ではかなり知られた城だ。高校生のときから何度か訪れているが、そのいずれもが春先という偶然が自分としては面白かった。城跡そのものは正直がっかりする部類で、市街地の平城の宿命でほとんど何もない。名前ばかりの城跡公園に模擬塀と石垣があるぐらい。少し知られた遺構としては富士浅間神社を囲む水堀跡だけど、常時渇水してるし深さもないからあまり見栄えがよろしくない。だったら街中にある管領稲荷の土塁や高台院に残る土塁を見たほうがいいが、こちらの土塁はあまり知られていないみたいだ。
1986/03/18・2007/04/14・2010/04/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
城跡までは徒歩15分程度