秋元城・秋元氏陣屋
 
 
石碑
所在地 埼玉県深谷市秋元町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑
史跡指定 深谷市指定史跡
 
天文10年(1541) 秋元景朝が深谷城主上杉憲賢に仕え居館を構える
天正18年(1590) 深谷城を守る秋元長朝は前田利家に城を明け渡す
文禄元年(1592) 秋元長朝、井伊直政の推挙により徳川家康に仕え上野国総社に知行を与えられる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 穏やかな春の日に深谷城とその周辺の城館廻りをした。成り行きで深谷上杉氏の家臣団が居住した城館探訪となった。深谷駅の南東はびっしりと住宅が建ち並んでいたが、ちょうどその住宅街の中心にロータリーがあり、円の中心に秋元氏館跡の石碑があった。
 遺構は何も残っていない。秋元長朝は城主不在の深谷城を任されていた重臣だったが、前田利家らの大軍を前にして降伏した。これは見事な決断だと思う。深谷の町を戦火から守ったわけだから。だからというわけではないが、戦後に徳川家康から招かれている。ここで彼を推挙したのは井伊直政。徳川四天王の一人で名外交官だった人物。今、僕がこの文章を打ち込んでいる年の大河ドラマは井伊直虎が主人公。直政は関ヶ原の戦後処理でも大活躍している。外様大名たちからの信任が厚かったが、それで命を削ってしまった。
 秋元氏のことも書かないとね。もとは上総国の武士だったようで、今も秋元城が残っている。どんな経緯で武蔵へ来たのかは知らない。ひとかどの人物だったから家康に召し出されたのだろう。血筋はしっかり伝わったようで江戸時代は大名となり、子孫は幕府重職にも抜擢されている。
2007/04/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
館跡までは徒歩15分程度