上杉仮城
 
 
水堀
所在地 埼玉県深谷市伊勢方
遺構 水堀
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
室町時代 上杉房憲が深谷城を築くまでの仮城として築く
康正2年(1456年) 深谷城が完成し伊勢方城は廃される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・八幡神社案内板
 
 
水堀 八幡神社案内板  
 
 伊勢方の八幡神社や公会堂がある付近一帯が深谷上杉氏の仮城が築かれていた場所。深谷市、特に深谷上杉氏に関連する史跡はあまり知られていないような城館跡でも深谷上杉顕彰会の人たちが案内板を設置してくれている。本当に頭が下がります。
 遺構は用水路となった水堀ぐらいで目立つものはないけれど、民家の西を流れる用水路はカクカクと折れ曲がり水堀の姿をよく伝えていた。この時代からざっと百年後に深谷上杉氏の重臣岡谷氏が伊勢方の古城の隣に曲田城を築いている。
2007/04/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
城跡までは徒歩45分程度