谷之城・矢野城
 
 
主郭跡
所在地 埼玉県深谷市谷之
遺構 水堀
現状 皎心寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 深谷上杉氏の家老岡谷香丹が曲田城を築く
元亀元年(1571) 岡谷香丹が死去
天正18年(1590) 小田原征伐時には小内外記之助が曲田城を守る
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
曲田城跡 皎心寺 案内板
 
 深谷上杉氏とその家臣たちの城館探訪はうららかな春の日差しの中でとても気持ちが良かった。この城には以前にも訪れているが、それがいつのことかは忘れてしまった。民家のブロック塀の下を流れている用水路が堀跡ということはあとから知った。
 目ぼしいような遺構は何も残ってはいない。それでも案内板もあって満ち足りた気持ちになれる場所だ。やや散りかけた桜と田畑の畔で満開の菜の花がとても綺麗だった。曲田城って読めますか。マガッタと読むんです。難読地名ですね。城跡を訪ね歩くときにその土地の名前や小字を見て歩くのもひとつの楽しみですが、こういった面白い地名を見つけると楽しくなります。それと城跡付近には岡谷さんや小内さんといった、この城を守った人たちの末裔が今も健在で嬉しくもなりました。
2007/04/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
城跡までは徒歩40分程度