上敷免城
 
 
空堀
所在地 埼玉県深谷市上敷免
遺構 空堀・水堀
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定  
 
延徳3年(1491) 岡谷香丹が皿沼城を築く
天正18年(1590) 深谷城の開城とともに廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
皿沼城跡 水堀 案内板
 
 深谷城とその周辺の城館探訪の中で皿沼城はちょっとばかり遠かった記憶がある。深谷城を中心にそれこそ東奔西走していたわけだから、皿沼城へ向かうのが必要以上に遠く感じただけかもしれない。城跡はレンガの原料となる土が採れるために原型がかなり損なわれていたが堀は目視確認できる程度に残っていた。何よりも深谷上杉顕彰会による案内板が城跡廻りの励みになった。
 深谷上杉氏そのものはあまりパッとしない。ただ、家臣はなかなか名士揃いだったようで、岡谷氏、秋元氏、井草氏の3人は深谷の三宿老と呼ばれて近隣にもその名が響いていた。中でも筆頭家老として主家を支えた岡谷香丹は相当の傑物だったらしい。香丹の子清英も父に劣らぬ文武両道の名将であり、あの上杉謙信も清英の武勇に感銘を受け、後奈良天皇から賜った箱根権現像を送ったというほどだ。
2007/04/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
城跡までは徒歩40分程度