土塁
所在地 埼玉県深谷市上増田
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定 深谷市指定史跡
 
室町時代 増田四郎重富が館を構える
文明10年(1478) 重富、高見城を築き扇谷上杉氏に備える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
 
案内板 土塁と堀跡  
 
 深谷駅の北東、上増田に増田四郎重富の居館跡はある。とても歩いては行けないぐらい遠い場所だが、この日は戦友と車で回ったので楽にたどり着くことができた。案内板があり増田氏のことが記されているが、重富は古河公方足利氏の家臣としてあちこちに城館を築き、それなりの活躍をしている人物なんだけど、かなりミステリアスな人だ。高見原合戦で敗れて高見城で自刃したという言い伝えもあるけど、熊谷市野原の居館で没したとも伝わっている。おそらく後者が正しいと思う。
 増田館の遺構は土塁の一部となんとなくそれとわかる堀跡ぐらいだった。でもなかなか見た目がいいというか雰囲気の良い場所で、自分としては満足できたなぁと今も思っている。
2013/09/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
深谷市循環バス・北コース東循環で「藤野木」下車
館跡までは徒歩10分程度