新開荒次郎実重の墓
所在地 埼玉県深谷市新戒
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 新開忠氏が居館を構える
  土肥二郎実平の次男実重、新開忠氏の養子となり新開荒次郎実重と名乗る
 
参考 東雲寺案内板
 
 
東雲寺 日本海軍の魚雷  
 
 新開氏は新羅系の渡来豪族である秦河勝の末裔と称する。平安時代末期に新開忠氏が信濃から移住してきて土着したという。新開荒次郎実重は相模の豪族で源頼朝の挙兵を援けた土肥二郎実平の次男で、頼朝が旗挙げした前後に新開氏へ養子として入ったという。神奈川県の西端にあたる湯河原の土肥氏と埼玉県北部の新開氏との間でそういったやり取りがあったことが興味深い。
 鎌倉時代の終わり頃、新開一族は阿波に渡り、阿波牛牧城主として戦国時代まで生き延びた。新開実綱は長宗我部元親の軍門に降ったが、後に謀叛の疑いありとして殺害され、嫡男実成も自害し滅亡した。考えてみれば元親も秦河勝の後裔を称しているから、同族に滅ぼされたというのはとても皮肉なものだ。
 館跡付近にある東雲寺には新開荒次郎実重の墓があり、境内にはなぜか海軍が使用した魚雷が展示されている。道を隔てた大林寺には新開荒次郎夫人の墓があり、どちらも深谷市の文化財となっている。なんで夫婦は別々の墓に葬られているのだろう。最近、話題になっている夫婦別葬ってやつか。
2013/09/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
深谷市循環バス・北コース西循環で「下新戒」下車
館跡までは徒歩5分程度