土塁
所在地 埼玉県深谷市東方
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定 深谷市指定史跡
 
康正2年(1456) 深谷上杉氏の支城として築城
天正18年(1590) 北条氏滅亡。松平康長が1万石で入封
慶長6年(1601) 松平康長、上野白井へ移封となり東方城は廃される
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東方城跡 標柱 土塁
空堀 土塁 空堀
 
 駅から遠い辺境にある無名の城。そんなところへ自分は3回も訪れている。最初に足を運んだのは高校2年生の春だから恐れ入る。あの頃、武器は5万分の1の道路地図だけ。インターネットもないしGPSも何もない時代。埼玉の古城址に収録されている簡単な概念図と道路地図とにらめっこして当たりをつけた場所を彷徨した。これが見事にビンゴで案内板まであったから紛れもなく城跡に着いたという達成感でいっぱいだった。あんな冒険心に満ちた時代はもう来ない。
 訪れるたびに新たな発見があって面白い。土塁に登ったら空堀が見えたり、今まで見えなかったものが次々と見えてくる。すべてが完全に残っているわけではないが、東方城は自分にとっての原点であり、はじめの一歩を踏み出した記念すべき城跡のひとつだから強く印象に残っている。
1986/03/18・2007/04/14・2010/04/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
国際十王バス「熊谷」行きで「東方新井」下車
城跡までは徒歩10分程度