国済寺館
 
 
北側の土塁
所在地 埼玉県深谷市国済寺
遺構 土塁
現状 国済寺
目標物 案内板
史跡指定 深谷市指定史跡
 
室町時代 上杉憲英が庁鼻和城を築く
康正2年(1456年) 上杉房憲が深谷城を築き庁鼻和城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 国済寺 上杉憲英墓所
 
 庁鼻和城は上杉氏の館城だった。落ち着いた雰囲気が好ましい国済寺が城址で、今も土塁が一部だけ残っている。詳細に伝えると境内の北西に残る土塁がいちばんの見どころだ。本堂裏にも櫓台のように大きな土塁が残るが、城として考えるとこんなところに土塁を築くかは疑問で、古墳か寺院に関連した築山かもしれない。上杉家歴代の墓所もあった。庁鼻和城を築いた上杉憲英の墓が深谷市の史跡に指定されていた。
2007/04/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
国際十王バス「熊谷」行きで「幡羅中学校」下車
城跡までは徒歩10分程度