南側の空堀
所在地 埼玉県深谷市原郷
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定 深谷市指定史跡
 
平安時代末期 幡羅太郎道宗が構えた居館との伝承あり
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
西側の土塁 西側の土塁 西側の土塁
 
 平安の昔、幡羅太郎道宗が築いたという。あくまでも伝承だからわからないけど、本当だとしたら成田氏を輩出した名門ということになる。幡羅氏そのものは早くに途絶えているから、この館に関わる記録もいっしょに失われてしまったらしい。
 深谷市は文化財保護にはなかなか熱心で「えっ、こんなところにも!」というぐらい無名の城館跡にも案内板や標柱が設置されているので、訪れる者にとって涙が出るぐらい嬉しいのだけど、この館跡は文化財指定されてはいるものの、案内板などはなかった。今も現役の民家だし、不法侵入するような人もいるだろうから設置されていないのかも。遺構はよく残っていると思う。宅地の外から見るだけでも、よくぞここまで残ったものだというほどの土塁と空堀を楽しむことができた。
2007/04/14・2010/04/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
国際十王バス「熊谷駅」行きで「深商前」下車
館跡までは徒歩20分程度