館跡の摩利支天堂
所在地 埼玉県深谷市江原
遺構 消滅
現状 摩利支天堂
目標物 案内板
史跡指定 深谷市指定史跡
 
平安時代末期 荏原太郎政重が居館を構える
元弘3年/正慶2年(1333) 荏原氏、新田義貞の挙兵に参加
応永23年(1416) 上杉禅秀の乱に加担し荏原氏は没落する
 
参考 荏原氏館跡案内板
 
 エバラといえば焼肉のタレで有名だが、こちらの荏原氏は猪俣党出身の坂東武者だ。この日は戦友とともに深谷市に点在する武士の居館跡を徹底的に攻めた。深谷市は広い。利根川流域に近い館跡はとてもじゃないが駅から歩いては行けない。車で廻れば館跡などは一日に10か所ぐらいは余裕で攻め落とすことができる。便利なものだなぁと痛感した。
 荏原氏の館跡は摩利支天堂となっている。館跡の案内板が設置され、どういうわけか松尾芭蕉の句碑もあって風情が感じられる場所だった。お堂の色がいつまでも印象に残っている。サンダーバードに出てきたペネロープ号のようなショッキングピンクのお堂の壁にでかでかと白いペンキで荏原氏館跡と書かれている。暴走族の落書きじゃあるまいし、あれにはたまげたな。
 案内板の記述によると利根川の堤防は荏原館の土塁の一部であると記されているが、摩利支天堂からはかなり距離があると思う。坂東太郎だから度重なる洪水で流路が変わったりしてもとの場所より遠ざかったのか、あるいは土塁の土を崩して堤防の構築に利用したどちらかだろうと思う。石田三成が忍城を水攻めにしたときに利根川の水を引き入れるために荏原氏館の土塁を利用したという伝承も残っているが本当かどうかはわからない。
2013/09/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
深谷市循環バス・北コース東循環で「江原西部」下車
摩利支天堂までは徒歩5分程度