館跡の現況
所在地 埼玉県深谷市藤野木
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代末期 深谷上杉氏の重臣矢井伊勢守重家が居館を構える
 
参考 城逢人ホームページ
 
 深谷上杉氏の重臣で「四宿老」の一人に数えられた矢井伊勢守重家の居館跡。重家は天正18年(1590)に深谷城が落城すると上野国尾島村で隠棲していたが、後に深谷へ戻り屋敷を構えたという。故郷に戻った重家は程なく死去し、子孫は改姓してこの屋敷い居住してきた。重家の居館が深谷上杉氏が健在の頃に構えられたのか、主家滅亡後に一時的に上州へ移り住み、再び故郷に戻って屋敷を構えたのかはわからない。
 屋敷跡は今もその末裔が暮らしている。竹藪の向こうに土塁があるが屋敷跡の大半は老人ホームの敷地になっていた。年老いた武将の隠棲地が今も同じような用途で使われている。
2013/09/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
深谷市循環バス・北コース東循環で「藤野木」下車
館跡までは徒歩5分程度