土塁
所在地 埼玉県深谷市原郷
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 標柱
史跡指定 深谷市指定史跡
 
室町時代 深谷上杉氏による構築か
 
参考 深谷市ホームページ
 
 幡羅太郎館から東方城へ向かう途中に見つけた遺跡で、道路に面して見事な土塁が残り、土塁は西へ伸びて古墳に繋がっていた。深谷市の建てた史跡標柱があるんだけど半分ぐらい土中に埋まっていて肝心の史跡名称が判別できなかった。とりあえず写真を撮影して深谷市のホームページで調べてみたら木之本の塁という名称で紹介されていた。こんなにもマイナーな史跡も文化財指定している深谷市は本当に立派だ。深谷上杉顕彰会の人たちの活動もそうだけど、地域ぐるみで文化財保護や言い伝えを継承する気持ちは頭が下がる思いがする。
2007/04/14・2010/04/11
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
国際十王バス「熊谷駅」行きで「幡羅農協」下車
塁跡までは徒歩10分程度