土塁と空堀
所在地 埼玉県深谷市人見
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
平安時代末期 人見六郎政経が居館を構える
建久元年(1190) 人見行経が源頼朝の上洛に付き従う
南北朝時代 人見四郎入道恩阿、楠木正成の籠る河内赤坂城を攻めて討死する
室町時代 深谷上杉氏の一族上杉憲武が人見館を居館とする
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
人見館跡 土塁 空堀
 
 深谷駅からてくてく歩いて新幹線の高架をくぐったあたりに人見館があった。館の北側を小川が流れていたので流路沿いに歩くと案内板があり、土塁と空堀がよくわかる場所があった。これは期待できるなぁと周辺を見て回ったが、それ以外の場所はあまりよく残っていなかったと思う。西側に二重の空堀があるらしいが竹藪だったから入らなかったような気がする。それでも平地の城館としてはそこそこ遺構を残す佳作といったところ。
2007/04/14
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
館跡までは徒歩30分程度