文化財標柱
所在地 埼玉県深谷市内ヶ島
遺構 消滅
現状 永光寺
目標物 標柱・案内板
史跡指定 深谷市指定史跡
 
平安時代末期 内ヶ島五郎国綱が居館を構える
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 内ヶ島氏というと飛騨帰雲城主で莫大な金銀財宝とともに山崩れに飲み込まれた内ヶ島氏を連想するが、武蔵七党から出た内ヶ島氏と関係があるかはわからない。利根川を越えた群馬県太田市にも内ヶ島という地名があるが、内ヶ島氏の一族が移り住んでいたのだろうか。
 内ヶ島氏の居館は深谷市の北方にある永光寺という寺院に比定されている。永光寺は内ヶ島氏の開基であるとされ、昔は寺の西側に堀跡が残っていたそうだが、遺構は消滅しており山門脇に案内板と標柱が建てられているだけだった。
2009/09/21
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「深谷」下車
市内循環バスで「内ヶ島」下車
永光寺までは徒歩10分程度