安部摂津守陣屋
 
 
陣屋門
所在地 埼玉県深谷市岡部
遺構 陣屋門
現状 宅地・農地
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
天正18年(1590) 徳川家康の家臣安部信勝が榛沢郡岡部など5千2百石の知行を与えられる
慶安2年(1649) 安部信盛は1万9250石に加増され諸侯に列する
宝永2年(1705) 安部信峯が岡部陣屋を築く
慶応4年(1868) 安部信発が三河半原へ移封となり岡部陣屋は廃される
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
岡部陣屋跡の現況 陣屋門 高島秋帆幽囚の碑
 
 岡部町の城館廻りをした正月休みについでだからと立ち寄ってみた。もともと江戸時代の陣屋と台場にはまったく興味がないのだが、岡部町の城館跡はどこも失われているものが多く、歩いていても今ひとつテンションが上がらない。とりあえず史跡指定を受けているのと、近くに陣屋門があるから寄り道してみた。
 陣屋跡そのものは宅地と農地になっている。明治時代には堀があったそうだけど今はもちろん残っていない。岡部藩へ預かりの身となった高島秋帆幽囚の地と刻まれた石碑が建っている。ここから30分ほど歩いた全昌寺に陣屋門が残っていた。かなり改築はされているけど、立派な規模の陣屋門だと思った。これだけ原型を留めた長屋門なら、まぁ良しとしないとね。
2010/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「岡部」下車
深谷市バス「市役所」行きで「かみはら陸橋北」下車
陣屋跡までは徒歩5分程度