岡廼宮神社
所在地 埼玉県深谷市岡
遺構 消滅
現状 岡廼宮神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
享保17年(1732) 黒田豊前守直邦が榛沢郡5千石の領地を統治するために陣屋を設置した
 
参考 岡廼宮神社案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 江戸時代中期に設置された陣屋跡だ。神社周辺を歩いてみてもそれらしい遺構は見当たらないが、鳥居をくぐった場所にある土盛りは土塁のようにも見える。神社の案内板にも陣屋や黒田氏のことは何も記されていないが、大正時代に周辺にあった神社を合祀して岡廼宮神社と改称したという。その中に久呂多神社が含まれているのが唯一の手掛かりだった。
 黒田直邦は飯能に居館があった丹党中山氏の末裔だ。直邦は先祖が暮らした飯能にも領地を与えられ、没後は飯能の多峯主山に葬られている。だから親しみを覚える人である。言うならば同じ西武線沿線の住民なので。
2010/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「岡部」下車
深谷市循環バス「岡部北循環」で「岡上自治会館入口」下車
岡廼宮神社までは徒歩5分程度