浅間山古墳
所在地 埼玉県深谷市岡
遺構 土塁
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
康正元年(1455) 古河公方足利成氏に対する備えとして山内上杉房顕が家臣の長尾景仲に守らせた
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 山内上杉氏と古河公方足利氏がケンカばかりしていた頃に築かれた陣城で、五十子城とともに山内上杉氏の防御陣地となった城。陣城だから恒久的な居住空間ではないわけで、ここも古墳を利用して土塁を築き防御線を構築していたようなかたちだった。場所がはっきりとはしないが浅間神社から寅稲荷神社にかけてが城跡と思われる。実際に土塁もあるし古墳を物見台にすれば事足りるわけだし、あれこれ想像して歩くのには楽しい場所だった。
2010/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「岡部」下車
深谷市循環バスで「当後」下車
城跡までは徒歩10分程度