成清塚
所在地 埼玉県深谷市後榛沢
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 榛沢六郎成清が居館を構える
元久2年(1205) 二俣川の戦いで畠山重忠とともに成清は討死を遂げる
 
参考 成清塚案内板
 
 畠山重忠とは乳兄弟の間柄だった榛沢六郎成清の居館跡で、遺構はないけど付近には成清が開基した八幡大神社や東光寺がある。これらの寺社は疫病に苦しむ領民を救うために成清が建立したものだ。彼の遺徳を慕う領民たちが成清塚をつくり慰霊碑が建てた。成清の優しさが後世の人々の心に生き続けたことを示す良い話だと思う。
 この時代、乳兄弟の関係は血の繋がった兄弟よりも深い絆で結ばれていたようで、成清と重忠は幼少時から最期の時までを共に過ごしている。異母兄弟とはいえ源頼朝と義経の仲の悪さとは対照的だ。成清の生年は不詳だが重忠より年上だったので補佐役として仕えたという。幼少時は遊び相手として、少年時代は武芸鍛錬や学問の友として多感な時代を一緒に過ごしてきたのだろう。
 頼朝の没後、北条氏の粛清で幕府創業の功臣が次々と粛清された。重忠もその例に漏れず謀反人の汚名を着せられ、二俣川の戦いで北条軍に囲まれ、寡兵で立ち向かい主従揃って討死した。幼馴染であった二人はどのような最期を遂げたのだろう。己の名を汚さぬよう勇ましく戦って散ったに違いない。その脳裏には少年時代の思い出が詰まった北武蔵の風景が浮かんでいたことだろう。
2010/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「岡部」下車
深谷市循環バスで「後榛沢中部集会所」下車
成清塚までは徒歩5分程度