土塁
所在地 埼玉県深谷市畠山
遺構 土塁
現状 畠山重忠公史跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
平安時代末期 畠山庄司重能が居館を構える
鎌倉時代 畠山重忠、菅谷館を築いて移住する
 
参考 畠山館跡案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館跡遠景 畠山重忠像 畠山重忠墓
 
 この日は小川町の高見城が見たくなり、その計画に沿って行動を起こしたと思う。東武竹沢駅から延々と歩いた記憶しかない。今、地図で眺めてみてもずいぶんと歩いたものだと当時の自分に驚いている。
 畠山重能が築いたこの館で重忠も生まれたらしい。畠山重忠といえば鎌倉武士の典型として後世の人々に愛された快男子だ。怪力で情に厚い武将として知られた人で、その悲劇的な最期と相まって鎌倉時代の武士の中では人気のある人である。館跡は田園地帯の中にぽつんとあった。史跡公園として整備されており、土塁の痕跡が今も見られた。他にも馬を背負う重忠像や彼の墓と伝わる墓石がある。樹木の下に転がる自然石は彼の父重能の墓ということが記された案内板もあった。
2005/05/06
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「武川」下車
館跡までは徒歩40分程度