本田城
 
 
土塁と空堀
所在地 埼玉県深谷市本田
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
平安時代末期 本田次郎親常が居館を構える
元久2年(1205) 二俣川の戦いで本田親常と親房父子は畠山重忠に従い討死する
室町時代 本田長繁が深谷上杉氏に仕える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館跡の石碑 土塁と空堀 土塁と空堀
 
 道路端に本田館跡を示す案内板があったので場所はすぐにわかった。最初は探すのにかなり苦労するだろうなと思っていたからホッとした。今も本田家の人がここで暮らしていた。ちょうど庭先から車を出そうとするお母さんがいたので、館跡を見学したい旨を申し出ると快諾してくれた。
 庭先を通らせてもらい屋敷の裏側へ回ると立派な構堀と土塁があった。土塁の高さと堀の深さは長年の風化により当時のものとは比べようもないのだろうが、今もしっかり残っていることが嬉しい。西側に回ると石碑と小さな社があった。末裔人たちが守り続けた社なのだろう。
2005/05/06・2010/04/11
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「武川」下車
館跡までは徒歩60分程度