御前田館・大将陣
 
 
水堀
所在地 埼玉県深谷市小前田
遺構 水堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 小前田野三郎信国が館を構える
室町時代 小前田氏、山内上杉氏に仕える
天正18年(1590) 小前田越前守が鉢形城に詰める
落城時、小前田越前守は北条氏邦の妻子を守り天神山城へ逃げる途中に討死したという
小前田館は浅野長政らの攻撃により焼失した
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 大里郡の城館探訪の途中、小前田の住居表示を見つけたので小前田氏の居館跡に立ち寄ってみた。昭和40年代までは土塁と水堀が残っていたが、圃場整備によってほとんど失われてしまった。館跡の東に流れる用水路が当時の水堀らしい。鉢形城へ攻め寄せた前田利家が小前田に陣所を置いたことから大将陣という別名がある。
2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「小前田」下車
館跡までは徒歩15分程度