標柱
所在地 埼玉県加須市礼羽
遺構 消滅
現状 農地
目標物 標柱
史跡指定  
 
鎌倉時代 礼羽次郎が居館を構える
建保元年(1213) 和田義盛の乱で和田軍の鎌倉侵入を防ごうとした礼羽連乗が討死
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 鎌倉時代の礼羽氏の居館跡で遺構は失われているが、伝承地を示す標柱が建っていた。加須市は案外このような標柱を設置してくれているので、遺構もない城館探訪でも平常心を保つことができる。礼羽氏は早々と姿を消してしまったので事跡や伝承があまり残っていない。ライハという珍しい読み方は今も地名として残っているが、どのような意味があるのか興味の湧く響きだ。
2006/02/11
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「加須」下車
館跡までは徒歩20分程度