礼羽陣屋
 
 
陣屋伝承地の標柱
所在地 埼玉県加須市礼羽
遺構 消滅
現状 農地
目標物 標柱
史跡指定  
 
天正18年(1590) 設楽神三郎貞清が千五百石の知行を得て陣屋を築く
文禄3年(1594) 領内の土地改良を行ない低湿地を水田として開発する
寛政2年(1790) 当地より東へ陣屋の移転を行う
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 加須駅から西へ歩いた。たしか人形工場があった先に標柱が建っていて驚いた記憶がある。なんにもないと思い込んでいたから、この標柱との出会いはとても嬉しかった。伝承地といえども場所をいつまでも伝えようという加須市の心意気に打たれた。
2006/02/11
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「加須」下車
陣屋跡までは徒歩20分程度