水堀
所在地 埼玉県加須市花崎
遺構 郭・土塁・空堀・水堀
現状 花崎城山公園
目標物 案内板
史跡指定 加須市指定史跡
 
戦国時代 粟原城主細萱氏の支城として築かれる
永禄4年(1561) 8月、上杉謙信の命を受けた木戸忠朝が細萱泰秀が守る花崎城を攻め落とす
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
空堀 土塁と空堀 水堀
 
 加須市内の城館跡の中ではもっとも優れた遺構を残す城だ。花崎駅から歩いて10分程度という距離も嬉しい。宅地開発で城山公園として残された遺構は全体から見ればわずかかもしれないが、すべて失われるよりかはどれだけ素晴らしいことだろう。水鳥が羽を休める美しい水堀がいつまでも印象として残っている。公園内には空堀も残っているが、花崎城が第一線で使用された時代は低湿地に浮かぶような城だったと思うから、これらの空堀も水堀ではなかったかと思った。縄文時代に形成された集落と中世城郭の複合遺跡という案内板があるから、古くから拓けた場所だったらしい。
2006/02/11
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「花崎」下車
城跡までは徒歩10分程度