油井ヶ島城・鐘撞山城
 
 
堀跡
所在地 埼玉県加須市油井ヶ島
遺構 郭・土塁・空堀・水堀
現状 山林
目標物 標柱・案内板
史跡指定 加須市指定史跡
 
戦国時代 忍城主成田氏の支城が置かれる
永禄5年(1562) 上杉謙信の軍勢が油井城を攻め落とす
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
油井城跡 堀跡 鐘撞山
 
 加須市内の城館探訪で訪れた。かなり広範囲に亘って徒歩移動をしたから結構きつかった。ただ、そこそこ遺構が残っていたり、何もない城館跡でも標柱が建っていたりして楽しかった。
 油井城も鉄道路線からはかなり離れた場所にある。もう一度行けと言われたら行きたくないと答えたくなるような場所だった。油井ヶ島という地名からもわかるとおり低湿地に浮かぶ島のような城だったはず。だから油井城と呼ぶよりは油井ヶ島城と呼びたくなる。遺構はまずまず残っているほうだと思う。。
2006/02/11
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「花崎」下車
城跡までは徒歩40分程度