私市城・山根城・根古屋城
 
 
天神曲輪の土塁
所在地 埼玉県加須市根古屋
遺構 土塁・堀跡
現状 城山公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 加須市指定史跡
 
康正元年(1455) 古河公方足利成氏が深谷上杉氏家臣の長尾景仲が守る騎西城を攻め落とす
元亀2年(1502) 山内上杉顕定に従った小田顕家が騎西城主となる
小田顕家、成田親泰の次男朝真を養子に迎え騎西城主とし、自らは種垂城で隠棲する
永禄6年(1563) 上杉謙信が成田家時の守る騎西城を攻め落とす
天正2年(1574) 上杉謙信が深谷城奪還のため関東へ出陣。騎西城を再び攻め落とす
天正18年(1590) 浅野長政が騎西城を攻め落とす。戦後は松平康重が2万石で入封
慶長6年(1601) 大久保忠常が2万石で入封
寛永9年(1632) 大久保忠職は美濃加納へ転封となり騎西城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の城址30選/埼玉新聞社
 
 
湿地に浮かぶ水城だったため壊滅的に破壊されている
模擬天守前にあったこの縄張図が役立った
天神曲輪跡に土塁が一部残っているが
道路に面した部分が本物で東へ連なるのは復元
訪問当時は堀跡が水田となり残っていたが
それから10年以上経過しているので現況は不明
 
本丸跡の現況 模擬天守 御蔵屋敷跡
天神曲輪の土塁 水堀跡 水堀跡
 
 埼玉県下では案外と知られた城であり、歴戦の古豪を思わせる履歴を持つ城だ。湿地に浮かぶ浮き城で難攻不落と言いたいところだけど、歴史を見ると何度も攻め落とされている。いずれも大軍相手だから仕方ない。同じぐらいの兵数で戦ったときにその防御力を最大限に発揮したのだろう。
 そんな有名な騎西城だけど、江戸時代のはじめに廃城となったことと、湿地を利用した城だったこともあって遺構はほとんど残っていない。僕が訪れた頃はまだ堀跡が水田として残っていたけど、今はどうなっているのかわからない。土塁は一部復元だけど石碑つきで残っている。手前の道路も昭和の終わり頃まで堀として残っていたのに、どういうわけか破壊されて道路になってしまった。城跡として見るとほとんど見るべきものがない。だけど、白亜の模擬天守が綺麗だったし、あまり悪い印象はないんだよな、ここは。
2006/02/11
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「加須」下車
朝日バス「鴻巣駅」行きで「福祉センター」下車
城跡までは徒歩1分程度