屋敷跡遠景
所在地 埼玉県加須市志多見
遺構 土塁・空堀
現状 宅地
目標物 標柱
史跡指定  
 
戦国時代 伊勢北畠氏の旧臣松村吉宗が屋敷を構える
江戸時代初期 松村佐左衛門、志多見の名主を務める
 
参考 松村家代官文書案内板
 
 加須市の城館廻りをしたのは薫風の季節、鯉のぼりが風になびく端午の節句の日だった。城館跡を探して車を走らせているときに戦友がそれらしき遺構を見つけた。運転しながら見つけるのだからすごい洞察力だと思う。松村家代官文書の標柱が建ち、奥には立派な長屋門がある旧家だ。民家だから中に入るわけにはいかないが、外周を探ると堀を発見した。堀の内側には土塁の痕跡もある。人知れずこういった屋敷跡が残っているものかと感心することしきりだった。
2015/05/05
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線・秩父鉄道「羽生」下車
平成エンタープライズバス「イオンモール羽生」行きで終点下車
屋敷跡までは徒歩30分程度