大福寺
所在地 埼玉県加須市内田ヶ谷
遺構 消滅
現状 大福寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 多賀谷家政が居館を構える
建久元年(1190) 多賀谷小三郎が源頼朝の上洛に従う
寛正年間(1460〜66) 多賀谷彦四郎氏家、常陸下妻へ移る
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 戦国時代に佐竹氏と連合して常総で暴れ回った多賀谷氏の故郷だから一度訪れねばと思っていた。大福寺が館跡で遺構は何もないけど境内には多賀谷氏の居館について触れられている案内板があった。多賀谷氏は結城氏の配下に組み込まれて室町時代には多賀谷郷を去っている。
 戦乱の時代に乗じて独立を図るようになり、結城合戦の頃から縁を深めた佐竹氏と連合して戦国大名としての道を歩んでいる。全盛期には20万石ほどの所領を誇り、北条氏の手を焼かせるほどのやんちゃぶりを発揮している。僕は多賀谷重経が大好きで、豊臣秀吉の朝鮮出兵を拒んで所領を減らされたり、関ヶ原役では徳川家康の陣所に夜襲をかけようとしたり、その暴れん坊ぶりは痛快無比だ。自由奔放なところが自分で重なるので何とも気になる存在なのであった。
2015/05/05
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「加須」下車
大福寺までは徒歩60分程度