羽生城跡の碑
所在地 埼玉県羽生市東
遺構 消滅
現状 古城天満宮
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
天文5年(1536) この頃に広田直繁が羽生城を築く
天文21年(1552) 北条氏が羽生城を攻略し中条出羽守が城代となる
永禄3年(1560) 上杉謙信が関東へ出陣し羽生城を攻め落とし再び広田直繁が城主となる
天正2年(1574) 上杉謙信が羽生城を破却。城兵は上野国膳城へ移る
天正3年(1575) 北条氏に属した成田氏長が羽生城を再興し成田長親が城代となる
天正18年(1590) 北条氏が滅ぶ。羽生城は徳川家康の家臣大久保忠隣が2万石で入封
慶長19年(1614) 大久保氏は改易となり羽生城は廃城となる
慶応3年(1867) 羽生城跡に羽生陣屋が構築される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・埼玉の城址30選/埼玉新聞社
 
 上杉謙信が関東出陣時の橋頭堡とした城。当時は沼沢地に浮かぶ要害だった。関東地方の城は往々にしてそういった造りの城が多い。その中でも羽生城は忍城と並んで規模が大きかったように思う。でなければ上杉謙信も羽生城を頼みの綱にはしなかっただろう。
 歴戦の羽生城はやはり謙信を中心にして赫々たる武勇を誇る名城だったが、江戸時代初期に廃城となったことや幕末に官軍によって焼き払われたことが重なりまったく原型を留めていなかった。湖沼を利用した浮き城だから近代化の流れにとっては邪魔でしかなかったはずで、沼地は埋め立てられて住宅地や道路となってしまい跡形も残っていない。この点は忍城や岩附城と似ている。古城天満宮に石碑が建ち案内板が設置されているのが救いだった。
2006/11/03
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「羽生」下車
羽生市福祉バスで「中央公園入口」下車
城跡までは徒歩5分程度