今泉戸ノ内
 
 
空堀
所在地 埼玉県羽生市今泉
遺構 空堀
現状 長光寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 斎藤民部盛秋が今泉外ノ内に拠る
天正2年(1572) 羽生城落城後、斎藤民部盛秋は成田氏に仕える
 
参考 羽生市史/羽生市
 
 外ノ内は戸ノ内とも書き表されるようで、おそらく殿内の転化した呼び名ではないかと思う。戦国時代に越後出身の斎藤民部盛秋が今泉外の内を居城としていたというから、上杉謙信が羽生城を抑えていた時代に越後から派遣されてきた武士なのだろう。
 真夏だったからとても藪の中に分け入って遺構を探ろうという気分にはなれなかった。外から見ても空堀は確認できる。ただ、お寺そのものも荒れ寺という感じでこれといった印象は残っていない。
2012/07/31
 
公共交通機関 地図リンク
東武鉄道伊勢崎線・秩父鉄道「羽生」下車
羽生市福祉バスで「今泉八幡」下車
長光寺までは徒歩5分程度