堀之内城・名堀ノ内・下川原堀ノ内・古城堀ノ内
 
 
八幡神社
所在地 埼玉県羽生市名
遺構 消滅
現状 八幡神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 羽生城主木戸忠朝に仕えた萱場源五次郎吉家が居城する
天正2年(1574) 羽生城落城後、渋井越前守吉元が居城する
 
参考 羽生市史/羽生市・日本城郭大系/新人物往来社
 
 上杉謙信が関東の前線拠点としていた羽生城の支城だ。羽生城が落城すると萱場吉家は一族を引き連れて越後へ落ちたが、子の源光斎は盲目のために同行できず、吉家の甥渋井越前守吉元に託された。吉元は叔父の子を引き取って館に残ったというから成田氏に属したのだろう。同じ一族でも謙信に従い越後へ従ったり成田氏に仕えたりしていることが、この館の歴史を調べている過程で興味深かった。吉元は慶長17年(1612)にこの地で没しているが、付近には渋井姓の家がいくつかあったので子孫はそのまま根を下ろしたみたい。
 日本城郭大系が発刊された当時、昭和50年代頃までは堀跡が水田となって残っていたようだけど、今は綺麗に整地されてしまい何もなかった。不動院と八幡神社も真新しい建物となっており夏の陽射しを浴びて輝いていた。
2012/07/31
 
公共交通機関 地図リンク
東武鉄道伊勢崎線・秩父鉄道「羽生」下車
羽生市福祉バスで「名集会所」下車
八幡神社までは徒歩5分程度