亀開城・寄居
 
 
切岸と水堀
所在地 埼玉県羽生市上川俣
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 古河公方足利氏の家臣川俣氏が砦を築く
天正11年(1583) 川俣砦は落城し川俣主膳正貞次は最上氏を頼り出羽へ移住した
川俣氏退去後、早川織部正が川俣砦を守る
 
参考 羽生市史/羽生市・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
川俣砦跡遠景 切岸 土塁
 
 川俣砦は田園の中に今も残っていた。夏の盛りだったが風があったのでそれほど暑さを感じることはなかった。戦友に案内してもらった砦跡は今も水堀と土塁があった。この遺構は戦国時代の砦跡のものではないともされているが、藪ではっきりとはわからないものの土塁のように見えた。
 歴史ははっきりとわからないけど、古河公方足利氏の家臣川俣氏の居城ということで良いと思う。誰に攻め落とされて川俣氏が最上氏のもとへ奔ったのかはわからないが、1583年は足利義氏が亡くなった年だ。それまでも古河公方内部は譜代の家臣が遠ざけられて、北条色が強くなっていた時期でもあり、当主義氏の死と川俣一族が武蔵を離れた年と符合する。累代の恩を受けた古河公方家が有名無実になったことを儚んだのか、北条氏寄りの勢力に追われたのかは不明だが、そんなところが真相ではないでしょうか。
2012/07/31
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「西羽生」下車
砦跡までは徒歩20分程度