城内を通る牛首峠
所在地 埼玉県秩父郡小鹿野町日尾
遺構 郭・土塁・堀切
現状 山林
目標物 石碑
史跡指定 小鹿野町指定史跡
 
永禄4年(1561) 山内上杉氏が北条氏の侵攻に備えて日尾城を整備する
永禄年間(1558〜69) 鉢形城主北条氏邦の家臣諏訪部遠江守定勝が日尾城主となる
永禄12年(1569) 武田氏の重臣山県昌景が日尾城を攻めるが諏訪部勢はこれを撃退する
天正18年(1590) 北条氏滅亡により日尾城も廃城となる
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社・秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
札所31番の観音堂から登山口がある
観音山から至る道と沢沿いを登る道があるが
沢沿いの道からなら20分程度で牛首峠へ着く
ただし、南側からのルートだと城山の遠景は見えない
山道は巨岩に囲まれて威圧感があった
道は荒れているが踏み跡はしっかりしている
土塁が残る出郭は巻道を使えば楽に行ける
主郭と二の郭にも土塁があり規模も大きい
三の郭は平坦はしっかりしているが土塁はない
ただ、その切岸の加工はとても美しい
真冬でも眺望は木によって遮られるが
中世の峠道がしっかりと残っているのと
それを抑える役割を持つ城跡が完璧に残っているのは
見学していてとても楽しむことができた
 
巨岩がそそり立つ登山道 天然の堀切を成す牛首峠 出郭跡の土塁
堀切 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
二の郭跡の土塁 三の郭跡の切岸 段郭
 
 日尾城はずっと行きたい城跡のリストに入っていた。ただ、ここはかなり山深いし交通も不便だからずっと放置していた。最寄りのバス停から登山口まではざっと40分ぐらい。西武秩父から栗尾までのバスに乗れば何とかなりそうだ。思い切って行くことに決めた。
 札所31番の観音堂で車道は行き止まりとなる。このお寺も見てみたい気持ちはあったが体力温存のために断念し、薄暗い山道へ入った。ここ数年の台風や大雨の影響で道は荒れ果てているが、踏み跡はしっかりしておりピンクのテープが巻かれているので迷うことはない。あれよあれよと言う間に牛首峠へと着いた。ここまではおよそ20分程度だから拍子抜けするほど早く着いた。
 天険の要害というか岩山を頼りとした山城だろうと思っていたが切岸は見事なまでに加工されているし、主郭と二の郭の土塁は立派なものだった。これほど手が加わった山城だとは思わなかったのでテンションが上がった。それどころか上がりすぎて少し過呼吸になってしまい、ちょっと呼吸を整えつつ城内を歩いた。主郭と二の郭、三の郭に囲まれた谷のような場所に段郭があるのが面白いと思った。この日は風もなく暖かかったので気持ち良い山城探訪となった。
 この城に来てみたかった理由がある。武田の猛将山県昌景が攻め寄せたときに城主の諏訪部定勝は来客と酒を酌み交わしており泥酔状態で腰も上がらない有り様だった。見かねた奥方が武装して城兵を指揮して武田軍を追い払ったという逸話が残っている。これ以後定勝は禁酒したというから、よほど奥さんには頭が上がらなかったらしい。殺伐とした戦乱の世にあって何とも微笑ましいというか、笑える話だ。本当は缶ビールのひとつでも持って主郭跡で酔っぱらってやろうかとも考えていたのだけど、山道の足場の悪さを考えてやめておいた。
2017/03/01
 
公共交通機関 地図リンク
西武鉄道「西武秩父」下車
西武バス「栗尾」行きで終点下車
登山道入口の観音院までは徒歩40分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項