古志賀谷館・会田出羽屋敷
 
 
御殿跡の石碑
所在地 埼玉県越谷市御殿町
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 越谷市指定旧跡
 
鎌倉時代 古志賀谷氏が居館を構える
戦国時代 会田将監幸久が居館を構える
慶長9年(1604) 徳川家康が伊奈忠次に命じ鷹狩御殿を築く
 
参考 越ヶ谷御殿跡案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
御殿跡遠景 建長の板碑  
 
 ちょうどこの頃は手つかずになっていた埼玉県南東部の城館跡を訪ねようという気運が盛り上がっていた。武蔵野線で一本で行けるから越谷には足繁く通った。何もない場所ばかりで何度か訪れて飽きてしまったんだけど。越ヶ谷御殿はその中でも石碑やら板碑やらがあって多少はましだった。
 江戸時代のはじめは越谷の空を多数の鶴が舞っていたという。それを捕えてご満悦な徳川家康の顔が目に浮かぶ。一日に鶴を19羽も捕まえたというのだから相当嬉しかったに違いない。僕は家康があまり好きじゃないが、そのときの気持ちはよくわかる。たまに雑木林でカブトムシやらクワガタやらを捕まえるととりあえず家に持ち帰り家族に自慢するぐらいだ。だから僕が家康だったら喜色満面で家来にいつまでも自慢話をしたと思う。
2015/10/08
 
公共交通機関 地図リンク
東武伊勢崎線「北越谷」下車
御殿跡までは徒歩20分程度